アトピーと脱毛について

日本皮膚科学会ガイドラインでは、アトピー性皮膚炎は
(1)表皮、なかでも角層の異常に起因する皮膚の乾燥とバリアー機能異常という皮膚の生理学的異常

(2)多彩な非特異的刺激反応および特異的アレルギー反応が関与して生じる、慢性に経過する炎症と掻痒をその病態とする湿疹・皮膚炎群の一疾患

(3)患者の多くはアトピー素因を持つ。

日本皮膚科学会の診断基準は

(1)かゆみ
(2)特徴的な皮疹とその分布
(3)慢性・反復性の経過

3つすべて当てはまるものをいいます。

dghjkyu

症状を悪化させないためには、日常生活からきをつけないといけません。

・皮膚を清潔に保つ。入浴、シャワーをし、ナイロンタオルのような刺激が強いものは使用しない。
・適温・適湿・清潔の部屋環境・換気はこまめに行う。
・規則正しい生活を送る。
・刺激の少ない衣服を着用する。
・掻破による皮膚障害を避ける。爪は伸ばさない

皮膚にトラブルが生じると、細菌・真菌・ウイルス性皮膚感染症を生じるリスク因子が高い場合があります。
又、皮膚の保湿に関わる成分であるセラミドの減少もあり、肌は乾燥しています。そして、バリア機能がうまく働いてない事もあげられます。

脱毛をすることで、トラブルが発生する危険性は高いです。

ミュゼのSSC脱毛は、肌にやさしく、負担がかからないので、肌状態が安定していればお手入れ可能ですが、しかし、これには通院先の医師の確認が必要になります。